Get Your Free Audiobook

Listen with Audible free trial

₹199.00/month

1 credit a month to use on any title to download and keep
Listen to anything from the Plus Catalogue—thousands of Audible Originals, podcasts and audiobooks
Download titles to your library and listen offline
₹199 per month after 30-day trial. Cancel anytime.
Buy Now for ₹139.00

Buy Now for ₹139.00

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice.

Publisher's Summary

内容紹介
山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
頼子は空襲の度に非常な恐怖を感じていた。何の仕事をしてもその恐怖が去らず、慣れてましになるどころか、敵機が来るたびに恐怖が強くなるばかりであった。

ただこの恐怖から逃れたい、そのためならどんなことでもしよう――

妹の「工場のなかにいるときはそれほどでもなかった」という言葉を思い出した頼子は、 人手不足になっている軍需工場の機翼の塗工部で働くことにした。しかし、働いている中でも少数機による夜間の空襲は続き、頼子の感ずる恐怖の激しさは少しも変わらなかった。

そして、十日ほどたったとき、昼間空襲にぶつかった。主任の「総員退避」の声に従い、防空壕へ避難する頼子だったが、行き交う爆音の中でその恐怖は頂点にまで達した。 無意識に立ち上がった頼子は、壕を出て、塗工部の建物へ走りこんだ。そして、刷毛を手に自分の担当している機を塗り始める。その瞬間、頼子はふしぎなちからが身内に湧き上がるのを感ずるのだった……
©2020 PanRolling.

What listeners say about 花の位置

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.

No Reviews are Available