Get Your Free Audiobook

Listen with Audible free trial

₹199.00/month

1 credit a month to use on any title to download and keep
Listen to anything from the Plus Catalogue—thousands of Audible Originals, podcasts and audiobooks
Download titles to your library and listen offline
₹199 per month after 30-day trial. Cancel anytime.
Buy Now for ₹139.00

Buy Now for ₹139.00

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice.

Publisher's Summary

内容紹介

山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>

ダンスホールで青桐みどりという女性に出会い、踊るようになった谷口は、彼女にかつて恋した女性の面影を重ねていた。
谷口はかつて先輩の杉山の妹・早苗を愛していたが、彼女は別の男性と結婚してしまった。早苗は谷口が初めて愛した女性だった。その別れから酒と遊蕩に溺れ、六年の歳月が経ってから、谷口は今の妻と結婚し、あくる年に子が生まれてからは早苗のことも忘れていた。
夏になってからのある日のこと、谷口は久しぶりに杉山から電話をもらい、代々木にある彼の家を訪れることになった。そこで谷口は期せずして、早苗との再会を果たす。久々の再会は谷口の心を揺さぶるのに十分すぎるものであった。
帰りに早苗を送っていく途中で、彼女は別れた日に谷口から贈られたリラの苗の話をした。

――あなたからいただいたリラ、あれっきりまだ咲きませんのよ。
二人は再会を約束して別れた。谷口の胸には熱い想いがこみ上げるのだが……。
©2020 PanRolling

What listeners say about 花咲かぬリラの話

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.

No Reviews are Available