Get Your Free Audiobook

Listen with Audible free trial

₹199.00/month

1 credit a month to use on any title to download and keep
Listen to anything from the Plus Catalogue—thousands of Audible Originals, podcasts and audiobooks
Download titles to your library and listen offline
₹199 per month after 30-day trial. Cancel anytime.

Publisher's Summary

上方講談 古典怪談の世界
近年、注目を浴びている、日本の伝統話芸「講談」。「冬は義士 夏はおばけで飯を喰い」と川柳に詠まれたほど、 講談師は夏になると怪談を語ってきている。クーラーのなかった時代、観客は講談師の語る世界に身をゆだね、 背筋を凍らせ、暑い夏を忘れた。 講談師の旭堂南湖が贈る古典怪談。故きを温ねて新しきを知る。名調子で語る「日本の怪談」ここにあり。

内容紹介
佐賀怪猫伝「その一 半面まだらの黒猫」(25分)
猫が出てくる講談はたくさんあります。今回は「佐賀猫騒動」の方を申し上げます。「佐賀猫騒動」「鍋島猫騒動」「佐賀の夜桜」「佐賀怪猫伝」。どれも同じ物語です。肥前国佐賀藩、鍋島家で巻き起こった化け猫の物語。

「その二 生首の碁盤」(18分)
葬式の帰りに爪の先まで真っ黒という珍しい猫を助け、コマという名前を付けた。さて、話は変わって道具屋十助。こいつは湯灌場買いだ。夜な夜な碁盤の上に生首が現れるという。さあ、どうなる。

「その三 高井検校の死」29分)
生首が乗った忌まわしい碁盤。月日が流れ、ついには鍋島丹後守の手に渡った。
この碁盤で碁を打つと、鍋島丹後守が夢心地で相手を斬ろうとする。家来の者は命がいくらあっても足りません。鍋島の客分で千石を頂戴している盲人の高井検校。非常に碁が強い。丹後守が碁の相手を申しつけた。さあ、どうなる。

「その四 血を吸う猫」(25分)
以前、二つの生首が乗った碁盤。今夜また生首が乗った。
生首は白い眼をむいて鍋島丹後守を睨んだ。近習頭の小森半左衛門は近習の者に口止めをした。竜造寺の家では高井検校の帰りが遅いので、心配をしている。さあ、どうなる。

「その五 夜桜の怪猫」(31分)
三月の半ば、鍋島家の御殿の庭先に綺麗に咲く桜。その美しさは格別でありました。そこから急に吹き出した怪しい風。今まで光り輝いていたぼんぼりも座敷の中の蝋燭も、明かりがパッと消えてしまいました。すると、杉の古木の中ほどに一匹の妖怪。その両眼はあたかも満月を並べたるが如く。さあ、どうなる。
©2021 Nanko kyokudou

What listeners say about 講談 古典怪異譚 四

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.

No Reviews are Available