Get Your Free Audiobook

Listen with Audible free trial

₹199.00/month

1 credit a month to use on any title to download and keep
Listen to anything from the Plus Catalogue—thousands of Audible Originals, podcasts and audiobooks
Download titles to your library and listen offline
₹199 per month after 30-day trial. Cancel anytime.
Buy Now for ₹279.00

Buy Now for ₹279.00

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice.

Publisher's Summary

山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
六軒長屋の家主である禿こと縄屋吾助は、徳川八代将軍吉宗の時代に起こった「天一坊事件」に非常なる衝撃と示唆を受ける。自分自身も名門の血を引いているのではないかと思った吾助は、系図書き人に報酬を渡し系図を書かせたことによって、自分は謡曲「鉢の木」で知られる佐野源左衛門常世の後裔であると信じ込んでしまう。同じように六軒長屋にも大名のご落胤か何かがいるのではないかと思った吾助は、住人たちの迷惑を顧みず、身許調査をはじめる。吾助の世迷い言を煩わしく思った駕籠舁きの金太・銀太は、長屋の他の住人たちと協力し、乞食の若者を大名のご落胤に仕立て上げるのだった。
六軒長屋だけではなく、領主までも巻き込んだドタバタ喜劇話。
©2021 Pan Rolling

What listeners say about 長屋天一坊

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.

No Reviews are Available