Get Your Free Audiobook

Listen with Audible free trial

₹199.00/month

1 credit a month to use on any title to download and keep
Listen to anything from the Plus Catalogue—thousands of Audible Originals, podcasts and audiobooks
Download titles to your library and listen offline
₹199 per month after 30-day trial. Cancel anytime.
Buy Now for ₹139.00

Buy Now for ₹139.00

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice.

Publisher's Summary

山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

<あらすじ>
時は、安政六年十月七日の朝。 安政大獄と呼ばれた大疑獄が、まさに終段に入りつつある時のことだった。掃部頭井伊直弼によって、遠島の罪に決まっていたはずの橋本左内は、なぜか死罪となった————。
「左内ゆかりの者」と名乗り、左内の遺骸を引取りにやってきた者の中に一人の娘がいた。娘は福井藩士、喜多勘蔵の二女で香苗と言い、香苗は左内の三つ下のまた従兄妹で、幼なじみでもあった。
因幡守穆清に「従容として時世の詩を認め、静かな微笑さえ見せながら、帰するが如く」という左内の最期の様子を聞いた香苗は、自分のよく知っている筈の左内との姿に違和感を感じる……。
武士として死ぬこととは?本当の命を惜しむ武士の泪とは?橋本左内の死に際をめぐる物語。
©2021 PanRolling

What listeners say about 城中の霜

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.

No Reviews are Available