Get Your Free Audiobook

1 credit a month to use on any title to download and keep
Listen to anything from the Plus Catalogue—thousands of Audible Originals, podcasts and audiobooks
Download titles to your library and listen offline
Limited time offer: 2 months free trial
源氏物語 第三十一帖 真木柱 cover art

源氏物語 第三十一帖 真木柱

Written by: 紫式部,与謝野 晶子
Narrated by: 岡崎 弥保
Free with trial

₹199 per month after 30-day trial. Cancel anytime.

Buy Now for ₹279.00

Buy Now for ₹279.00

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice.

Publisher's Summary

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦

『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、
オーディオ化しました。

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

源氏物語のあらすじ&ブログ
https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10

第三十一帖 真木柱 まきばしら
光源氏 三七~三八歳
主な登場人物 玉鬘、真木柱

こひしさも悲しきことも知らぬなり
真木の柱にならまほしけれ

玉鬘(たまかずら)に熱心に求婚していた右大将鬚黒(ひげくろ)が突然、強引に玉鬘と結婚してしまった。光源氏は残念に思うが、実父の内大臣(ないだいじん)はこの縁組を喜んでいた。
鬚黒の妻は子を連れて実家へ立ち去る。鬚黒を慕う娘の真木柱(まきばしら)は泣く泣く柱の割れ目に歌を残していくのだった。鬚黒はあわてて妻の実家を訪ねるが妻や娘に会うことはできず、息子たちだけを連れ帰る。
望まぬ結婚にふさぎこむ玉鬘を見かねて、鬚黒は玉鬘の宮仕えを許すが、美しい玉鬘を冷泉帝(れいぜいてい)に近づけることが心配で、結局は玉鬘をすぐに退出させ、そのまま自邸に引き取ってしまう。
源氏を懐かしく思い出す玉鬘であったが、そのうちに鬚黒との間に男児を設け、内大臣は孫の誕生を喜んだ。
©2022 PanRolling

What listeners say about 源氏物語 第三十一帖 真木柱

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.

No Reviews are Available